2006年04月13日

2006.4 経営会議

先日月一度の経営会議を行いました。

3月で上期終了となり、4月より下期が始まります。


上期の反省をふまえ、下期の具体的な計画と行動を確認、改善しました。


基本となる重要課題は

1.全員がレベルアップ
2.ムダ、ムラ、ムリを無くす
3.現状把握(内と外)
4.設備投資

これらに変更はなく、その手法をさらに濃くし改善を行います。


一部スタートアップをお知らせしますと、


全員がレベルアップする点については、

継続的な意識向上と共有をねらい

朝礼等の内容改善とあいさつ練習(大きな声を出す)

からスタートとします。


ある方に言われ非常に納得した言葉の中に

「元気があるから大きな声が出るのではない、
 大きな声を出すから元気がでる。」

というのがあります。

実際の経験上、多々その様な事を感じます。

元気で活発な風土から、活発な意見や行動が

さらに生まれるものと思います。



第45期下期行動基準は

「あいさつ 返事 後始末」

と定め、進めていく次第です。



ムダ、ムラ、ムリを無くすについては、

重点、集中、徹底を金型に対して行います。


まずは、根本的なところで5Sから再度見直しを図ります。

金型作業場の改善が、金型の改善につながり

品質の安定と生産性に直結すると判断するためです。



5Sの第一段階をを6月までに終わらせ、

7月からは、技術力底上げのため社内研究とチャレンジを

行う決定もしました。


目に見えた成果内容など報告できればと思います。


posted by 飯島精機 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2006年04月06日

2006.4 品質会議

先日、品質会議を行いました。

今回は会議というよりも、勉強会といった内容です。


具体的には、現在の品質管理体制の再確認と改善を行い、

そのために全員が受注から完成までの流れを実際に歩きながら

決められたルールと現実を押えていきます。


決められた事を決められた通りに行動する事。

これを継続していく事が品質の安定に繋がると思います。


今回の勉強会を行った上で、2つの事実が発覚しました。

1.人により、ルールの認識が違う箇所がある。
2.ルールそのものに、一部ムリがある。


品質行動指針である

「当たり前の事を当たり前に行動する」

そのためにも、当たり前の社内ルールを改善し、

無理なく自然に行動出きる様、活発な意見交換がされ

非常に有意義な会議となりました。


また、半年に1度はこのような勉強会を行うべきであると

思ったものです。
posted by 飯島精機 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ