2006年05月10日

2006.5 品質会議

五月とは思えないほど熱くなってまいりました。
健康にご留意くださいませ。

さて、五月の品質会議も有意義に終わることが出来ました。

先月の、会議にて今までの品質管理体制の問題点等
洗い出したわけですが、

今回、その問題を解決することに至りました。

良いものだけをつくり、提供できるように。

そのための管理体制でもあります。


不必要な点や、手間ばかりで効果の無いものは極力省き、

重要な点を明確にし、議論することで問題と目的を共有し

今までよりも納得できる体制を取り決めることが出来ました。


ただ言われてやるだけの行動と、

自ら考え、皆で意見をぶつけた上での行動では、

それによる成果も大きく違ってくると思います。


重要なのは管理や自己満足のための会議や体制ではなく、

お客様に対し、いかに良いものを提供し続けるかです。


よって、品質理念と品質管理体制を継続することで成果が表れます。


会議や決まりを作るだけでは何もならず、

行動し続けることがもっとも必要です。


ただし、「あたりまえをあたりまえに」と

しつこく言うものの、あたりまえとは何か?

これが共通認識として皆に深まっていなければ、

成果も出るはずがありません。

品質だけでなく、現在様々な面で多くの

あいまいな部分が残っています。


常にこれらを押さえ、解決することで

今よりもさらに成長して行きたいものです。



今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。
posted by 飯島精機 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ